ポケモンGOによるブランドの力

ポケモンGOがリリースされ、一番に感じたのはポケモンブランドの力だろうか。

リリースされ湧き上がる話題が話題を呼んだ結果、それが大きな宣伝になったと思うが、やはりこれは20年間築き上げたポケモンブランドの力。

ポケモンの知名度の高さが見て取れるのは、7月初旬にアメリカでポケモンGOが配信されると任天堂の株を一気に倍にまで引き上げてしまったのだ。

そしてポケモン関連グッズも、ゲーム第一作目ポケットモンスターが発売され、アニメ放送がはじまった90年代のときのような売れ行きだと言う。

近年目を引くのがポケモン公式ショップで販売されるグッズのセンスの良さだ。

ポケットモンスター赤・緑・青で遊んでいた少年少女達も社会人になり、父になり母になった。

その世代をターゲットにしたグッズ展開が非常に上手いと感じる。

いい歳してキャラクターグッズなんて・・・そう思う人もいるかと思うが、好きなものは好き、好きなものだから身につけたいな少なからず思うもの。

そんな人でもさりげなく使えるステーショナリーグッズや、子供過ぎないデザインのものがたくさんある。

シンプルなノート、クリアファイル、マスキングテープや付箋とオフィスでも使えるグッズや、ステーショナリー以外にもマグカップやお皿、ハンカチ、タオルなどバラエティ豊かに揃っている。

私も小学生の頃、ポケモンで遊んだ1人。

懐かしいドット絵のグッズを目にしたときは、正直かなりテンションが上がってしまい散財してしまった。

昨今発売されたグッズの中にはリザードン、フシギバナ、カメックスの背中にヒトカゲ、フシギダネ、ゼニガメが乗っていたり、ピカチュウが波乗りをしていたりとポケモン好きの心をくすぐるイラストを使用た、てぬぐいやクリアファイルが発売された。

ポケモンブランドの力、それは作り手達がポケモンのファンであり、大好きなんだというのがリリースされる数々のアイテムから感じ取れ、好きな人が作るからこそ、我々を鷲掴むものを生み出してくれるのではないだろうか。